2018年12月24日月曜日

宜保愛子氏が語った守護霊

守護霊は誰にでもついていると聞くことがありますが、稀代の霊能力者だった宜保愛子先生(1932-2003)の見解は少し違っていました。守護霊について問われた際に『守護霊は誰にでもついているわけではありません』と答えています。故人について『亡くなったら終わりだよ、一切無だよ、それで終わり』と考える人には守護霊はつきにくいということのようです。




亡くなった仏様であっても、供養をおろそかにして、ほったらかしにしておくような人を守護霊として助けてあげようなんて思いません。仏様を敬い、お線香やお水、御飯をお供えし手を合わせる気持ちがあるかどうかなのです。忘れないようにしましょう。

それと宜保先生の数多くの霊視経験によると、守護霊は血族とは限らないと述べています。亡くなった友人に手厚い供養をしてあげた場合、その人の守護霊になってくれたり、可愛がっていたペットも守護霊となっているケースもあるとのこと。

ペットは犬や猫のような利口な動物に限られ、主人と心の交流が深かった場合に死後に守護霊となって守ってくれる場合もあります。宜保先生の霊視によれば、生前愛情ある責任を持った飼い方をしてくれた飼い主に対し感謝をしているのがわかると述べていました。


成仏した霊は人の肩あたりに立って守護霊として守ってあげようと、気をつけたら良いことや、平和に暮らしていけるように、また仕事の方向性などを知らせようとしているといいます。逆に良くない方向に進もうとしているなら、戒めや反省を求めるよう働きます。ですから守護霊とは監視役でもあるというのが宜保先生の見解です。

守護霊は一人の場合もあるし複数の霊が守護してくれていることもあって複数の守護霊がついている方がより良く幸せになれるんだそうです。ちなみに複数の守護霊は霊にやさしい気持ちの持ち主につきやすいと宜保先生は語っています。そうだとすると生活態度や心の持ちようで決まると言っても過言ではないと思います。

故人の生前を知らないとしても故人への崇敬の念を持っていれば守護霊となってくれて崇敬の念へのお返しとして私たちの幸せとなって現れます。日頃のたゆまぬ供養が大切だと宜保先生は著書やメディアなどで繰り返し述べておられました。

以前、霊能者の江原啓之さんが視聴者を霊視しアドバイスする番組で、その視聴者の方の行いがあまりにひどかったのか、守護霊がソッポを向いて江原さんにも何も答えてくれないという内容がありました。江原さんも視聴者の背後の様子が見えていて呆れ顔でしたが、守護霊だから常に守ってくれる、導いてくれる、なんて甘いんだなと感じたしだいです。生活態度なのですね。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿