2019年10月11日金曜日

[宜保愛子の霊視]夜な夜な歩き回る人形と命を助けてくれた人形の話

ある日、宜保愛子先生(1932-2003)のもとに知人のAさんが相談に訪れました。Aさんを含む家族がノイローゼ気味になってしまい、先生に助けて欲しいという依頼です。Aさん一家は明治時代に建てられた古いお屋敷に代々住んでいますが、毎晩のように奇怪なことが起きているというのです。

2019年10月8日火曜日

[宜保愛子の霊視]霊障を起こしたのは自宅地にあった無縁霊の墓

宜保愛子先生(1932ー2003)は稀代の霊能者でしたので、多くの霊障相談を受けておられたようです。今回は墓地の跡地に住宅を建てると、後に霊障に遭う危険があるということについて先生が著書やメディアで話されていたことを紹介したいと思います。

2019年10月6日日曜日

[宜保愛子の霊視]樹海「青木ヶ原」で聞いた悲しい霊の声

宜保愛子先生(1932-2003)は、ある年の6月の真夏を思わせる暑い日に、総勢5人で取材のため富士宮市にある樹海「青木ヶ原」を歩いていました。青木ヶ原に足を踏み入れると太陽のまぶしさは嘘のように弱く薄日が漏れるだけの薄暗い世界でした。この青木ヶ原は自ら命を絶つことが多いことで知られている場所です。

2019年9月28日土曜日

[宜保愛子の霊視]古都鎌倉市の心霊スポットに現れた刀を手にした霊

宜保愛子先生(1932-2003)はある日の昼下がり、お茶を飲みながら古くからの知人の女性から送られてきた手紙に目を通していました。手紙の内容は、知人の息子さんA君が古都鎌倉市にある心霊スポットとして有名な幽霊屋敷を探検に行ってからというもの、すっかり体調がおかしくなってしまったため、宜保先生に息子を助けて欲しいとの依頼でした。

2019年9月23日月曜日

[本当にあった怖い話]母子の霊を乗せたタクシー「病院へ・・・」

群馬県M市でタクシーの運転手をしている坂本さん(55)の体験談です。坂本さんは深夜11時頃、空車となって郊外から市街地へとタクシーを走らせていた。いつも通る道は工事中で迂回することになったが、少し遠回りになるだけで、よくあること。雨が強くなり出したこともあり、ゆっくり戻ろうという気持ちで運転していた。

[宜保愛子の霊視]祖母への怨みが孫に祟る!夫を奪われた本妻の呪い

宜保愛子先生(1932-2003)のお知り合いの娘さんで、Y江さんという女子高生がいました。かわいいタイプでクラスの男子にも人気があって成績も優秀。親御さんにとって自慢の娘さんでした。Y江さんは、たまに近所のコンビニでアルバイトをしていましたが、度々来店する男性に恋をしたのです。

2019年9月21日土曜日

[本当にあった怖い話]鏡の中の悪霊が女子高生をあの世へと?

現役女子高生の由香里は不思議な世界や目に見えない世界、オカルト、霊的な話が大好きな少女だった。そのため友達の間では少し浮いた感じもあるが、気にするような性格でもなく、妹の美登里からも奇異な目で見られているが、どうでも良いらしい。今日もネットサーフィンで何か面白い話がないか、アチラコチラ見て回っていた。

2019年9月20日金曜日

[宜保愛子の霊視]令和元年 秋のお彼岸を迎えました

今日からお彼岸ですね。秋のお彼岸は9月23日の秋分の日を中心に、前後3日間の一週間をいいますので令和元年の今年は9月20日(金)~9月26日(木)になります。一週間のうちの最初の日を「彼岸の入り」、四日目を「中日」、最後の日を、「彼岸明け」と呼びます。※春のお彼岸は3月20日(春分の日)を中心に前後3日の一週間です。

2019年9月19日木曜日

[本当にあった怖い話]住む者に次々と不幸をもたらした地縛霊の怨念

理由が思い当たらないのに、呪われたかのように不幸が続いた東京都A区に住むOさん一家の話である。最初に不幸な事故に遭ったのはOさんの奥さんのE子さんだった。突然の目眩に襲われ駅の階段から転げ落ち背骨を強打。一年以上も入院し現在も通院しており、左手にはまだ不自由さが残ったままだ。

2019年9月18日水曜日

[宜保愛子の霊視]]家族に交通事故が続いた原因と対処法とは?

ある日、宜保愛子先生(1932-2003)を頼って20代前半の青年Aさんが相談に訪れました。その青年は、見るからに何か大きな悩みを抱えているようで、顔色も良くありません。察した宜保先生は世青年の話を聞いてみることにしました。

2019年9月16日月曜日

[本当にあった怖い話]夜の海水浴で生首をつかんでしまった恐怖

これは夜の海で体験したIさんの怖い体験である。ある年の7月にIさんは職場の同僚たち6人でS海岸に海水浴に来ていた時の出来事で、旅館に泊まっていたIさんたちは夕食が済んでから海岸に散歩に出かけた。午後7時頃のことで波は穏やかで風が心地良かった。そのうちに夜の海を泳ごうと仲間のうちIさんたち3人が海へ入った。夜の海は薄暗くなりかかり不気味と言えば不気味ではある。

[宜保愛子の霊視]医者もサジを投げた親娘の奇病の原因とは?

宜保愛子先生(1932-2003)が存命中は、先生の霊能力を頼って多くの方が相談に訪れていたようです。今回はその中でも医者にもサジを投げるほどの奇病に悩まされた親娘のお話を紹介させていただきたいと思います。

[本当にあった怖い話]密かに人形に込められていた怨みの念

ある日の夕方「お母さーん!お母さーん!」と泣き叫びながら家に飛び込んで来た娘のМ美の顔を見た母親の絵里は心臓が止まるほど驚いた。М美の右眼には枯れすすきの茎が刺さっていたのだ。絵里はすぐ娘を車に乗せ病院へと急いだ。

[宜保愛子の霊視]私の婚約指輪よ!誰にも渡さない!と叫ぶ女性の霊

今回は宜保愛子先生(1932-2003)の霊視でわかった、幸せな結婚を目前にしながら亡くなった女性の霊が見せた婚約指輪への執念のお話を紹介したいと思います。婚約者だった男性の軽率な行動が女性の霊を怒らせ、新しい婚約者の体調を悪化させたという霊障はどうして起こってしまったのでしょうか?

2019年9月15日日曜日

[本当にあった怖い話]草むらですすり泣く女の子の霊

東北のある小さな町の県道で、夕暮れの道路わきに女の子が立っていて、不思議に思った人が車を止めて見てみると、スゥーと消えてしまうというのだ。そして女の子がいた方からすすり泣く声が聞こえるという。同じ体験をした人は多いらしい。Tさんも同じような体験をした一人である。

[宜保愛子の霊視]彼は信用できるの?結婚できるの?

宜保愛子先生(1932ー2003)は雑誌の霊視恋愛相談コーナーでも多くの相談に答えておられました。なぜ恋人ができないのか?本当に今の彼氏と結婚できるのだろうか?もしくは彼と結婚して良いのだろうか?信じられる男性なのだろうか?浮気されていて困っている、などなど恋に悩む相談がとても多く寄せられていたようです。

[本当にあった怖い話]怨霊となって家族を追い詰めた老婆の霊

東京近郊のある街で女性が焼身自殺をした。近所の人の通報で消防隊や警察が駆けつけたが救急車に運ばれる途中に亡くなったという。自殺の理由はノイローゼとさせているが実はもっと恐ろしい理由があったことを知る人は少ない。

[宜保愛子の霊視]不倫が招いた不幸と前妻の生き怨霊への対処法

20代前半から妻子ある男性Bさんと7年間も人目を忍んで付き合っていた女性A子さんは、Bさんが離婚したのを機に結婚し晴れて夫婦になりました。A子さんがホッとしたのも束の間、一年半後にはBさんが交通事故で亡くなりA子さんはその一ヶ月ほど前には流産をしていて不幸が続くことに不安を感じたため、宜保愛子先生(1932ー2003)に相談されました。

[本当にあった怖い話]紐が首に巻き付く子供の霊に取り憑かれた少年

東京都М市に住む菅野君(14歳)の体験した恐ろしい出来事である。菅野君の家は私鉄の駅から歩いて7分ほどの場所にあり、商店街から少し離れた静かな住宅地にある。家族は両親と弟の四人で8年前に現在の家に引っ越してきた。引っ越してきた当時は今よりも寂しい場所で、夜になるとほとんど真っ暗だったという。

[宜保愛子の霊視]恋の邪魔をする元彼の怨念への対処法

宜保愛子先生(1932ー2003)は生前、有名人だけではなく一般の方の霊視相談にも応じていたようで特に女性の相談者からは恋愛や結婚相談について多くの質問を受け、霊的な観点からアドバイスをされていたのが雑誌・著作物から見てとれます。不倫や浮気についてもズバリ不幸になって当り前です!と述べておられました。

2019年3月2日土曜日

守護霊の強さと私たちの関係はギブ・アンド・テイク

今回は宜保愛子先生(1932ー2003)が著書やメディアなどで守護霊について語られていたことの中からいくつかメモや記憶に残していたことを書いていきたいと思います。何かしら頭の片隅にでも置いておくと守護霊があなたのために働いてくれるかもしれません。

2019年2月20日水曜日

宜保愛子先生が霊視したアンティーク人形

宜保愛子先生(1932-2003)が知人を介して女性Aさんから相談を受けた話です。その女性は、ある人から海外旅行のお土産でアンティーク人形を貰いました。Aさんは貰ったけれど何となくあまり良い感じの人形とは思わなかったといいます。

2019年2月19日火曜日

宜保愛子先生がエジプトで聞いたミイラの声

1992年9月上旬に宜保愛子先生(1932-2003)はテレビの仕事でエジプトのピラミッドを訪れています。早稲田大学の吉村作治教授(現名誉教授)の案内でピラミッドの歴史や歴代の王について霊視するという番組であったようです。

2019年2月17日日曜日

[宜保愛子の怖い話]廃墟の椅子

宜保愛子先生(1932-2003)がテレビの心霊番組の仕事でイギリスに行った時の話。そこは赤レンガの廃墟だった。荒涼とした荒れ放題の土地にあるこの廃墟は建物全体が蔦で覆われた幽霊屋敷そのもので宜保先生は気持ち悪くて仕方がなかった。

[本当にあった怖い話]安置所に現れた女の子

怖いといより不思議な話になります。Sさんは、とある市の火葬場に勤務していた。そんなある冬の日のことだ。市街地からスキー場に向かう山麓の峠道沿いで変死体が発見された。

2019年2月16日土曜日

[怖い話]江原啓之少年の恐怖体験

江原啓之少年(以下E君)は四歳の時にお父さんを、十四歳でお母さんを亡くして以降はお姉さんと二人暮らしでした。子供の頃から霊を見たり人の未来を予知してしまうという特殊な能力があることを除けばごく普通の少年だった。だが霊媒体質というのはやはりやっかいなものだ。

2019年2月15日金曜日

2019京都開運パワースポット神社5選とパワースポット御利益獲得法

パワースポットを巡って活力や御利益を願う方は多いと思いますが「(独断で)2019京都の開運パワースポット神社5選」の前に、せっかくですから鎮座する神様に願いがちゃんと届く方法を覚えておきましょう。何となくパワースポット巡り、何となく願い事を言って帰宅・・・ではもったいないですからね。実際、何となくのお願いでは神様には届きにくいと聞いたことがあります。

2019年2月14日木曜日

昭和31年の霊界通信?写霊実験とその結果

宜保愛子先生(1932ー2003)は霊界や霊能力について、いつか科学で証明される日が来ると考えておられたようです。単に視えたり聞こえたり感じたりといった霊能力がある、というだけではなく、そのメカニズムが解明されたら、もっと霊界や霊について広く理解されるのにと、もどかしい気持ちはあったと思います。

2019年2月13日水曜日

[怖い話]稲川淳二が聞いた日本人形の話

稲川淳二さんが知人から聞いたという日本人形の話です。

稲川淳二さんの知人Aさんの奥さんが実家に帰っていたので迎えに行った時の事です。仕事のためAさんは予定よりだいぶ遅れましたが深夜にやっと無事に到着しました。子供達は寝ていましたが奥さんはまだ起きて待っていてくれたそうです。Aさんの顔を見たので先に休むと言った奥さんでしたがAさんは奥さんの顔色の悪さが少し気になりました。

[怖い話]稲川淳二が見た等身大人形の話

宜保愛子先生の著書が好きで今でもよく読み返すことが多いですし、江原啓之さんなどの本も好きで読んだりしていますが、一方で怖い話も好きでちょくちょく本やネットで読んだりしています。中でも多いのは稲川淳二さんでしょうか。

2019年2月12日火曜日

[怖い話]目を見開いた生首の掛け軸の絵の話

こんにちは。ブログ管理人のG.Appleです。雪深い町に住んでおりますのでマメに雪かきをしないとアッという間に積もってしまうので大変です。まだまだ寒いですしインフルエンザも流行中ですので、みなさまも体調に気をつけてくださいね。

2019年1月28日月曜日

線香の意味と霊と香りの関係

宜保愛子先生(1932ー2003)は一貫して供養の大切さを説かれました。高いお金を出しての儀礼的な供養だけより、毎日手を合わせ生前に好物だったものを供えれば喜ばれますし、それと共にお水を供えお線香を立て故人に語りかけることは、故人の喜びであると共に、守られれる私たちの幸福にもつながるといいます。

2019年1月27日日曜日

地縛霊に憑かれやすいタイプ

人はいつかは霊界へ旅立つ日が来ます。宜保愛子先生(1932-2003)は、人は輪廻転生を繰り返すものでのであり、心を込めた供養が霊界での歩みを軽やかにし早く現世に生まれ変わるパワーとなることと説きました。輪廻転生が必要のない魂となったら、いよいよ天国ともパラダイスともいわれる天上界での生活が始まるものと思います。

2019年1月26日土曜日

宜保愛子先生の予言と予言は大概は外れて当然と思うワケ

宜保愛子先生(1932ー2003)についてネットで検索しようとすると見かけるのが「宜保愛子 予言」のワードです。予言については知らなかったのですが、宜保先生が予言されたとするものに、20年くらい前のテレビ番組だそうですが「将来 日本の東日本で大きな自然災害が起こる 3万人が無くなる その後の復興は立派に成し遂げる」(ヤフー知恵袋から引用)というものがあります。

宜保愛子先生は韓国を「あんなおぞましい所」と叫んだ

宜保愛子先生(1932-2003)はかつて、テレビ番組の企画で韓国で霊視するという企画があり現地へ飛び立ちましたが飛行機から半島を見た瞬間に「あんなおぞましい所には行きたくない」と叫んだといわれています。また朝鮮製の古い青磁器や陶磁器を持つと不幸になると言って憚らなかったそうです。

2019年1月23日水曜日

宜保愛子先生が前世について考えていたこと

みなさんは、自分の前世が一体どうであったのか?誰だったのか?どんな人生を送り今世に結びついているのか?など考えてみたことがあるでしょうか。霊的なことに特に関心のある方は、前世を知りたいと考えてみたこともあると思います。

2019年1月22日火曜日

霊視は本物なのか?視えているのか?当たるのか?実感したこと

宜保愛子先生(1932ー2003)について生前、先生が語れていたことを著書や動画を参考にして書いているブログでありますが、宜保先生については亡くなられから16年になろうとしている現在でも、先生のお人柄については評価は高いものの、霊能力の真偽については議論が分かれるところで仕方ないと思っています。

2019年1月14日月曜日

宜保愛子先生が霊視した戦国武将霊怒りのワケ

霊能者宜保愛子先生(1932ー2003)は霊的な観点から土地の購入する際の注意点について語っておられました。先生は歴史や由緒ある街であったり、人骨が残っているお寺の跡地、かつては合戦が行われた場所も現在では新興住宅地として開発された土地は霊視すると不成仏霊が多いといいます。

2019年1月12日土曜日

堀江貴文氏によるフワフワ商売?江原啓之氏批判に思うこと

宜保愛子先生(1932-2003)の本を読んだりYouTubeで先生の動画を見ていると霊界や霊や様々な霊現象、供養の仕方、霊視相談について多くの事を語っておられます。このブログでも記事作成において参考にされていただいております。

2019年1月9日水曜日

「私の猫は超能力者?」宜保愛子先生の猫物語

霊能者として有名な宜保愛子先生(1932ー2003)でしたが、無類の動物好きとしても知られていました。霊視によって霊障を引き起こす原因が動物虐待にあると知った時には強い言葉で戒め反省を促したこともあるそうです。

2019年1月7日月曜日

浮気を止めさせる霊的方法!宜保愛子先生も絶大な効果に驚いた

稀代の霊能者として活躍された宜保愛子先生(1932-2003)はテレビやラジオ番組で霊的な相談に答えておられました。著名人から一般人まで霊視経験は数千回に及んだといいます。 相談内容は供養から霊障、浮気相談に至るまで様々だったようです。

宜保愛子先生が語った運気を高めるラッキーカラー

稀代の霊能者として知られた宜保愛子先生(1932ー2003)は霊視相談によって悩みの解決やアドバイスをされることで多くの迷える霊や人々を救ってこられました。 先生はかつて幸運をもたらしてくれるものとして「ラッキーカラー」についても語っておられましたので御紹介したいと思います。

宜保愛子先生が語った開運を招く良い土地選びとは?

稀代の霊能者として活躍され人気を博した宜保愛子先生(1932ー2003)は多くの霊体験や霊視経験を重ねることで、家相の悪い家や土地に住んだことが原因となって健康を損なったり、不幸に見舞われたりといった事例を数多く知ることになりました。逆に吉相の家には先祖霊や守護霊が集い幸運や繁栄をもたらしてくれていたのです。

宜保愛子先生が語った事故を多発させる地縛霊

自縛霊とは何か?土地や建物、住居などに居ついて人間に霊障を及ぼす霊のことです。霊と直接関係ない人に霊障を起こす場合や過去の恨みが原因で祟る、霊障を起こすといったケースがあります。テレビ番組で見る怪奇現象番組は自縛霊を鎮める、という内容が多く見たことがある方は多いと思います。

2019年1月6日日曜日

宜保愛子先生の霊視でわかった守護霊が嫌った意外な物

宜保愛子先生(1932-2003)は既にお亡くなりになっていますが、残された著書や音声に耳を傾けると、現在の私たちにも参考になるお話を多く残されています。先生は多くの著名人以外にも一般の方の霊的な相談も受けられていました。それは時にはテレビ番組やラジオ番組内でも行われ多くの方が見たり聞いたりすることで先生は人気を呼びました。

2019年1月3日木曜日

宜保愛子先生が語った水子供養の方法

稀代の霊能者として知られた宜保愛子先生(1932-2003)はラジオ番組でリスナーからの相談に答えるコーナーを持っておられました。ある日の相談は女性からの「水子供養」についてでした。6年前に理由あって中絶経験があり、その後に再び妊娠したものの今度は流産してしまったとのこと。この女性は水子の祟りが流産の原因なのか?もう妊娠できないのですか?という切実な相談でした。

2019年1月2日水曜日

宜保愛子氏が語った「お札」の話

宜保愛子先生(1932-2003)が一般の方の霊視相談を受けていた時に、気になる「お札」が見えてきたことがありました。相談者の方が知人からいただいた神様のお札でしたが、ちょっと古くなっていたようです。古くなったお札は良くないと先生は語りました。

2019年1月1日火曜日

宜保愛子先生が霊視した手作りのお土産にこもった念

今では東南アジアの国々も豊かになりつつあると思いますが、数十年前はまだまだ貧しい国々でした。宜保愛子先生(1932-2003)が霊能者として活躍し、霊視相談を受けていた当時はお土産で東南アジアから買ってきた手作りの民芸品の中に強い念を感じる物が少なくなかったようです。

宜保愛子先生が霊視した韓国人のお墓

宜保愛子先生(1932-2003)のお知り合いに、旦那さんが病気や手術を繰り返し疲れ果てているという女性がいました。先生は何か霊視で視えたのでしょう『あなたは外国の方じゃない?』と聞くとその女性は帰化して日本名を使っているけれど韓国人だと答えました