2019年1月7日月曜日

浮気を止めさせる霊的方法!宜保愛子先生も絶大な効果に驚いた

稀代の霊能者として活躍された宜保愛子先生(1932-2003)はテレビやラジオ番組で霊的な相談に答えておられました。著名人から一般人まで霊視経験は数千回に及んだといいます。 相談内容は供養から霊障、浮気相談に至るまで様々だったようです。




まず絶大な効果に宜保先生も驚いたという浮気を止めさせたエピソードの前に色情因縁について先生が語っていたことを書いておこうと思います。色情因縁と浮気は切っても切れない切り離せない問題だと思うからです。

先生によると特に女性が結婚する場合は、相手男性の祖父や父親について調べる必要があるようです。所謂「女遊び」を繰り返していた場合は色情因縁を持つ家系であることが多いというのが理由です。

これは祖母であったり母親の側であったりもしますので注意が必要だと述べていました。女遊び、男遊びが絶えなかった人は宜保先生に限らず視える霊能者は色情因縁を指摘する気がします。

結婚までの交際期間中に自己抑制できない相手だと判断したら縁がないと思って結婚は見送った方がゆくゆく苦労することがないでしょう。もっとも祖父やら父親の遊びっぷりを見て自分はそうならないよう意識されているような方もたくさんいます。

色情因縁が強い男性の特徴として宜保先生が挙げていたことがあります。それは「やさしい」といこと。特にイケメンというわけでもないのですが、「人当たりが良く話上手」。こういう男性に弱いというか魅かれる女性は多いと思います。こういう男性にはダマされやすく女性は気をつけるべきですね。


宜保先生もし色情因縁の男性と結婚して異性問題で苦労がし始めたら、祖父や父の色情因縁も影響している可能性があるので祖父や父の相手の女性を思い供養することを勧められていました。

ある日、宜保先生は知人女性Aさんから旦那さんの浮気を止めさせる方法について相談を受けました。ある女性が、既婚者であるにもかかわらず同じ職場のAさんの旦那さんに言い寄ってきたあげく、ついには浮気へと発展してしまったというのです。

このような相談を受けて宜保先生は、ある指示をしました。旦那さんの浮気相手の女性が常に使っている持ち物を何でも良いから入手するようにと。とても難しいことでしたが、何とか奥さんは女性のスカーフを入手することに成功します。

奥さんは宜保先生の指示に従って、念を込めてスカーフに線香で穴をあけました。 後日になって女性は入院するような病気にかかり浮気どころはなくなりました。先生はAさん夫婦が破局する前に別れさせることができれば、と考えていたのにこの効果の絶大さには驚いたということです。

Aさんもこの効果に驚き逆に災いの跳ね返りを恐れ「線香での穴あけ」は中止したほどでした。本当に念のこもった強い思いは簡単に効果が出でしまうということです。

このエピソードは宜保先生の著書を読んで知った話ですが予想外の効果や災いの跳ね返りがあるかもしれず、あまりお勧めできる方法ではなかったと思います。

やはり、色情因縁を持った相手ではないかという見極めと宜保先生が勧める供養が正攻法なんだろうと思ったしだいです。今回もお読みいただきありがとうございました。




0 件のコメント:

コメントを投稿